正直日記



2005/11/26

_ うさだうさだ言いつつまた計測してるよ
昨日の続きだけど、なんか大嘘を書いたかもしれないよ。まあいつものこと
だけど。というか嘘だよ。

よく考えたら1010という数字はおかしい。VCOUNT割り込みの方でもISRの処理
に同じだけクロックが割かれるはずなので、960にならないといけないはず。

ISRの所要サイクル数を適当に計算したら丁度50くらいだったので油断してた。
            H-DISP = 960サイクル           |  H-BLANK = 272サイクル
+----------------------------------------->|+------------------------>
+>IRQ発生でBIOSへ                          |
 +->BIOSからISRへ                          |
    +->ISRからVCOUNT割り込み関数へ         |
      +--->タイマ数値取得                  |
          +->mainに帰る------------------->|
                                           |+>IRQ発生でBIOSへ
                                           | +->BIOSからISRへ
                                           |   +->ISRからHBLANK割り込み関数へ
                                           |     +--->タイマ数値取得
                                           |         +->mainに帰る--->

          |                                          |
          +------------------------------------------+
                  この範囲は960くらいになるはず
VCOUNTがどのタイミングで入るのかは分かったので目的自体は達成している ものの、数字が気持ち悪いのでやり直す。 と思ったんだけど、なんかソレっぽい数値にはなるものの、理想からはほど 遠い数字になるので、結果は出さずにソースとバイナリだけ晒すことにした。 051126tester.zip 誰か適当に直しといて。俺はねえ、あんまりヘボまってるから、もう寝るよ。
_ なぜX68000が欲しいかというと
ラインバッファなスプライトを持つマシンだからなのであった。

俺がスプライトダブラに固執しているのは、多分、TOWNSユーザだったから
だろうな。擬似スプライトとか言われてたんだよなあ。TOWNSのスプライト
はフレームバッファだからあまり小細工出来なかったし、数を稼ぎたいとき
はファミコンソフトのように点滅でカバーするくらいしか方法が無かった。

とか言ってるけど、そんなにスプライトを使うゲームって作ったことないよ。

というか今更X68000実機を入手したところで、環境を作るところから挫折し
てそのままオブジェと化す気がする。エミュレータですら、満足な開発環境
を作るのは(68どころかTOWNSも)挫折してるのに。主に面倒くさくて。
というか、面倒くさいし。
_ レミングサー


3モード対応のFDドライブがみつかったので昔のFDDから色々発掘してたら、
レミングスの体験版があったので録音してみたよ。少なくともBGMに関して
は、TOWNS版が一番AMIGAオリジナルに近いと思った。まあ当時としては国内
で一番、音源構成が豪華なパソコンだったしな。

Fun : Tricky : Taxing : Mayhem
_ シャープのX68000 XVI欲しい!
ここに書いても意味無いよ。

つーか、どこに書いても意味無いよ。

SaTa. > うちにX68000CompactXVIがあります。高級MDX目覚まし時計として稼動。  (2005/12/01 21:03:32)
> それはもったいない!いや勿体無くなかった!うちにはTOWNSが7台あるけど全て死蔵中……  (2005/12/02 05:04:44)

最新
2010 | 01 04
2009 | 01 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12
2008 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 | 02 03 04 05 06 07 08 10 11 12
2006 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12