正直日記



2009/06/06

_ ストリートビューがいつの間にか壁や地面を認識するようになってる
たまたま見たら、何コレ凄い。壁や地面が認識されてる。

 (左上に被さっている枠が、認識された壁)

車が走れるところは地面だし、道路脇には建物がある可能性が高い。それをヒン
トにしつつ、Hough変換で得た直線成分を Guzman Method とか Huffman-Clowes
Method とかなんかで頂点解析し隠蔽判定とかやった上で立体に落としこんでる
のかな。同じ位置を様々な方向から撮影したデータは既にあるわけだから、三角
測量も出来るわね。(※注意:ここまで全て「知ったか」なので安心してお読み
ください)

行動力と技術力が組み合わさると、凄いことになるんだなぁ。

--

記事があった。出来立てホヤホヤだったのね。

グーグル、ストリートビューに新ナビゲーションシステムを導入
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20394487,00.htm

2009/06/05

_ 四人打ち麻雀@GBA
敵を知り己を知れば百戦危うからずという伝説もあることだし、四人打ちの出来
る麻雀ソフトを調査してみる。

2001年7月12日麻雀刑事ハドソン
2001年8月10日極 麻雀デラックス 未来戦士21アテナ
2001年9月28日西原理恵子の殿堂麻雀メディアリング
2001年10月25日なかよし麻雀 かぶリーチコナミ
2001年10月26日どこでも対局 役満アドバンス任天堂
2001年12月13日大麻雀。ホリ
2002年4月26日日本プロ麻雀連盟公認 徹萬アドバンス加賀テック
2002年6月27日デパチカ 和洋中GAE
2003年3月20日THE テーブルゲームコレクションD3P
2003年10月31日みんなのソフトシリーズ みんなの麻雀MTO
2006年3月3日闘牌伝説「アカギ」カルチャーブレーン
結構あるな……。取りこぼしもあるかも。 D3P 以外のソフトは任天堂サイトでスクリーンショットが見られる。 なんとなく後ろ暗いので直リンはしないよ。 全てのソフトに共通しているのは、ちゃんと卓を囲むように打牌していることか。 「極 麻雀デラックス」に至っては六枚切りで河を成している。凄いぞ。この中 では「大麻雀。」が最も、手牌グラフィックが大きいようだ。名前に偽りなし。 実機で見てみないことにはなんとも言えなかったりするし、気になるものをいく つか探してみようと思うが、GBA ソフトってマイナーなのは本当に少生産で、発 売当時でも手に入りづらかったりしたから、ちょっと難しいかも分からんなぁ。
_ じゃんまー
自作コンパイラの利用法として、AIプログラミングを外部に丸投げしたら面白い
かなと麻雀ゲームを作り始めたのだが、解像度的に四人打ちは無理があるような
気がしてきた。



となると、サンマか二人打ちかなぁ。

サンマはともかく二人打ちだと、脱衣やサマを盛り込まなければならないような
気がしてくるので困る。

AIのインタフェースはどうしたもんだろか。手牌の他に、捨て牌・鳴き・リーチ
状態・ドラ・点数・ルール・親くらいが分かれば戦略は立てられるかしら。

最新
2010 | 01 04
2009 | 01 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12
2008 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 | 02 03 04 05 06 07 08 10 11 12
2006 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12