正直日記



2009/10/16

_ 新訂版 More Effective C++ はもう少しなんとかならなかったのか
インターネットを巡回していたら「定額給付金」という文字列が見えたので思い
出したが、More はそれで買ったのだった。太郎の遺した埋蔵金は紀伊国屋へ渡る
こととなった。

内容や訳については方々で語られているので今更俺なんかが言うことは何も無い
が、他に少しだけ気になったところがある。コード片の字体だ。

Effective C++ 原著第三版ではプロポーショナルな太めの書体が使用されていて、
コメント部分もそれで統一されている。本文との見分けも付きやすく、とても読
みやすい。



一方、新訂版 More Effective C++ では固定ピッチで細い書体が使用されていて、
コメント部分は英字と日本語で書体が異なる。本文との見分けは(Effective C++
に比較すると)付きづらく、読みづらさの一因になっていると思う。



80-20規則を持ち出すならば、20% のコード片が 80% の読みづらさを作り出して
いると言えよう。

引用したこのページは特に太字と細字が入り乱れており、目がチッカチッカして
たまらんかったのです。Effective C++ に合わせる事は出来なかったのかなあと
思いました。
_ アトピーに湿潤療法を試す(六日目)
あれから何も施さずにいたところ

13日(三日目)、肌が乾燥してくる。
14日(四日目)、乾燥してカサカサになったところがひび割れてくる。
15日(五日目)、ひび割れしたところからリンパ液が……。
16日(六日目)、ラップを巻いておいたらリンパ液が漏れない程度には塞がった。

つーわけで放っておいたら駄目ですな。
その後のケアはどうするのがいいんだろう?

最新
2010 | 01 04
2009 | 01 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12
2008 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 | 02 03 04 05 06 07 08 10 11 12
2006 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12