正直日記



2010/01/05

_ gnu makeからpcmconv.comを呼び出す
MS-DOS Player for Win32-x64が素晴らしい。
私はいまだに x86 環境なので恩恵無いかな、と思ったら、GNU make から COM 形
式の実行ファイルが呼び出せるようになった。ちょー便利。

[pconv.mk] pcm := $(patsubst %.wav, %.pc8, $(wildcard *.wav)) all: $(pcm) .SUFFIXES: .pc8 .wav %.pc8: %.wav msdos pcmconv //v $< //b $@
というルールを作れば
$ make -f pconv.mk msdos pcmconv //v sound_bassdrum.wav //b sound_bassdrum.pc8 PCM converter PCMCONV ver1.8
符号付 8bit PCM (ヘッダ無し)への変換および更新が楽に行える。 更に一歩進めば、ppz の更新が make で出来るということになり pmdppz データ を作る際の心理的障壁がひとつ取り除かれたということであるのだった。

最新
2010 | 01 04
2009 | 01 02 03 04 05 06 07 09 10 11 12
2008 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 | 02 03 04 05 06 07 08 10 11 12
2006 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12